別ウインドウです。読み終わったら閉じてください。


  F1今昔物語 1973年 ダイジェスト

前年へ / シーズン中盤へ  / シーズン後へ / 翌年へ

 ■ シーズン前
 前半8戦中7戦、後半7戦中6戦が有効得点である。
 R.ペテルソンがロータスに移籍した。マーチはF2活動を中心に据えている。レガッツォーニもBRMに移籍した。シャドウというコンストラクターがUOP石油をスポンサーにして進出してきた。自チームをつくったG.ヒルもこのシャドウに乗って出場した。
 マクラーレンは、'77年中盤まで戦闘力を保った名車、M23を開発した。
ワークス・チーム エンジン ドライバー 前年は? タイヤ
ロータス フォードDFV(V8) エマーソン・フィッティパルディ
ロニー・ペテルソン
残留
マーチ
GY
ティレル フォードDFV(V8) ジャッキー・スチュワート
フランソワ・セベール
残留
残留
GY
マクラーレン フォードDFV(V8) デニス・ハルム
ピーター・レブソン
ジョディー・シェクター
残留
残留
新人
GY
フェラーリ フェラーリ(F12) ジャッキー・イクス
アルトゥーロ・メルヅァリオ
残留
新人
GY
サーティース フォードDFV(V8) マイク・ヘイルウッド
カルロス・パーチェ
残留
ウィリアムズ
FS
マーチ フォードDFV(V8) J-P.ジャリエ
他多数
新人
 
GY
BRM BRM(V12) クレイ・レガッツォーニ
J-P.ベルトワーズ
ニキ・ラウダ
フェラーリ
残留
マーチ
FS
ブラバム フォードDFV(V8) カルロス・ロイテマン
ウィルソン・フィッティパルディ
アンドレア・デ・アダミッチ
残留
残留
サーティース
GY
イゾ・ウィリアムズ フォードDFV(V8) ハウデン・ガンリー
他多数
BRM
 
FS
シャドウ フォードDFV(V8) ジャッキー・オリバー
ジョージ・フォルマー
BRM
新人
GY
プライベーター 車体/エンジン ドライバー 前年は? タイヤ
ヘスケス マーチ・フォードDFV(V8) ジェームズ・ハント 新人 FS
エンバシー・ヒル シャドウ・フォードDFV(V8) グレアム・ヒル ブラバム GY


 ■ 2月11日 第2戦 ブラジル
 ☆インテルラゴス…セナの故郷、サンパウロ近郊にあるバンピーな路面の中速サーキット。左回りというのが何といっても特徴的である。80年代はリオデジャネイロが使用され、ここはお休みとなった。90年代になると、レイアウトが若干短縮されて復活した。別称カルロス・パーチェ・サーキット。

 チャンピオンの座についたフィッティパルディは、サッカーのペレと並ぶ人気者となった。同郷の新人パーチェもハッスルして一時2位を走ったため、サーキットでは大変な歓声があがったという。

 ■ 3月3日 第3戦 南アフリカ
 D.ハルム初の、そして唯一のPPである。'67年の彼はPP数ゼロのチャンピオンだったのだ。
 多重事故から火災が発生した。M.ヘイルウッドが炎のなかからC.レガッツォーニを助け出すという勇敢な行為があった。

 ■ 4月29日 第4戦 スペイン
 このレース以後、フェラーリの出場が不規則的になり、シーズン終盤にはイクスがチームを離脱してしまう。翌年、フェラーリは他のカテゴリーへの出場を止め、F1だけに専念することになる。
 3位に入ったのは、昨年のCan−Amレースのチャンピオン、ジョージ・フォルマーである。シャドウはデビューから2戦連続の入賞を果たした。上々の滑り出しと言えよう。

 ☆Can-Amシリーズ…今は昔、Can-Amシリーズというレースイベントがあった。カナダとアメリカが舞台だった。エンジン排気量無制限でオープン2シーター(二人乗り)。5リッター6リッターなどキワモノ的マシンが数多く登場した。四つの車輪にエンジンをとりつけたものもあったという。マクラーレンがF1チームでは最初にこのレースに目を向け、発足直後の60年代後半から他を圧倒する強さを見せた。そして、1972年のフォルマーの優勝によって、ポルシェに覇権が移った。ポルシェはマクラーレンよりさらに他を圧倒する強さを見せたため、レースが面白くなくなり、観客がそっぽを向いて、イベントが消滅してしまった。

 ■ 5月20日 第5戦 ベルギー
 ☆ゾルダー…緑豊かな林に囲まれたサーキット。'73〜'84に10回開催された。その間、ドライバーを霧で苦しめることが多かった。

 ■ 6月3日 第6戦 モナコ
 6戦を終えて、スチュワートとフィッティパルディが3勝ずつ、ポイントでも両雄が抜きん出ていた。ここまで3PPという速さを見せていたペテルソンが、本戦でやっと完走と入賞を果たした。以後しばらく、彼をはじめとした多くの若手・新人たちの活躍が続く。

 ■ 6月17日 第7戦 スウェーデン
 ☆アンデルストープ…スウェーデンの森の中に、'68年に建設されたサーキット。一部、小型飛行機の滑走路を利用している。ホームストレートとピットが1キロほど離れたところにあるのも特徴である。'78年の悲しい出来事のあと、スウェーデンGPは開催されなくなって久しい。

 地元のヒーロー、R.ペテルソンがPPスタートから延々と先頭を走った。今シーズン何度か見た光景である。しかし、残り2周というところでベテランのD.ハルムがこれを抜いた。

 ■ 7月1日 第8戦 フランス
 ドライバーのリッキー・フォン・オペルがモーリス・ナンにマシン制作を依頼し、エンサインと名乗ってF1に参戦してきた。リッキー・フォン・オペルは、ドイツの自動車メーカー、「オペル」の御曹司である。F1ドライバーとしては大成できず、翌年引退した。チーム・エンサインの方は、マカオの実業家、テディ・イップが資本投下し、初の東洋人F1オーナーとして、しばらく戦いつづける。
 今度は、デビュー3戦目のマクラーレンのJ.シェクターが予選2位からトップを快走した。しかし終盤に差しかかった頃、追いついたフィッティパルディと絡んで共にリタイヤとなった。替わって先頭に立ったのがペテルソン、地元で逃した初優勝を直後のフランスの地で果たした。

ページ先頭へ

 ■ 7月14日 第9戦 イギリス
 決勝2周目、注目のJ.シェクターがウッドコートで大スピンを演じ、後続の20台余が甚大な被害を受けた。本来のレース展開が余りにも大きく損なわれたので、F1史上初の赤旗中断となった。
 再スタート後、順調に連勝街道を走るペテルソンを、今度はマクラーレンのピーター・レブソンが中盤に下して初勝利を遂げた。ファステストはプライベート・マーチのJ.ハントが記録した。N.ラウダも非力なBRMで奮闘している。カナダでは序盤にレースをリードした。C.パーチェもサーティースを駆ってファステストを連発しだす。
 なんということだろう。若き俊英たちが続々と登場してくる。ついこの前まで、E.フィッティパルディやC.レガッツォーニやF.セベールが、その意味で騒がれていたのに…。ただし、レブソンはもう、'64年に少しばかり出走していて、年齢も33歳と若くはない。

 ■ 7月29日 第10戦 オランダ
 マーチからデビューを果たしたばかりのロジャー・ウィリアムスンが、クラッシュ・炎上によって死亡した。管理人は、この事故の模様を映像で見たことがある。同じマーチのデイビッド・パーレイが、燃えさかるマシンに駆け寄って決死の救出を試みた。全速力の行動であった。炎をもろともせず、ひっくり返ったマシンを元に戻そうとしたり消火器で火を消そうとしたが叶わなかった。このパーレイと第3戦のヘイルウッドの勇敢な行動には、後にイギリス政府からメダルが授与された。
 亡くなったウィリアムスンは、前年のF3チャンピオン、享年25歳。助け出そうとしたパーレイにも物語がある。冷凍機器のLECの御曹司であり、プライベート・マーチに乗って前年にデビューした。'77年に大事故によって選手生命を断ち切られた。後にアクロバット飛行に転向。そして'85年、演技中の事故により死亡したのである。高層ビルの解体員や空挺部隊といった仕事も手がけるなど、「スリル」を求める性格だったらしい…。

 J.スチュワートの勝ち星が、クラークを上回る歴代最多の26勝目に達した。

 ■ 9月9日 第13戦 イタリア
 急進的に力をつけてきたR.ペテルソンと新王者のE.フィッティパルディ。前GPでは先頭を走る2台にチームオーダーが出され、フィッティパルディは先頭の位置をチームメイトから譲り受けた。しかし終盤にマシントラブルから脱落し、結局ペテルソンが勝つという勢いの差が見られた。これでフィッティパルディの連続王座は剣が峰に立たされた。
 迎えた本戦ではチームオーダーが出されず、両者の真剣勝負となった。この戦いにフィッティパルディは敗れ、タイトルを逃した。スチュワートの3度目の王座が決定した。

 ■ 9月23日 第14戦 カナダ
 雨でレースが混乱した。シェクターがまたしても他車との衝突を起こし、珍しくペースカーが出動した。その間もタイヤ交換が度重なり、各車のラップチャートが正しく記録されなかった。レース後しばらくしてからの順位の改定を経て、このレース結果に定められた。
 前述したように、ラウダが序盤にトップを快走し、翌年のフェラーリ抜擢のきっかけをつくった。

 ■ 10月7日 最終の第15戦 アメリカ
 グランプリ100戦目となるこの最終戦を以って、J.スチュワートはドライバーとしての引退を決めていた。チームのことは、安心して後輩のF.セベールに任せることができた。セベールはスチュワートの引退の意向を前から知っていたのか、今季、彼と接近している場面で争うことをしなかった。スチュワートとセベールのワンツーフィニッシュは、3度を数えた。チームオーダーによって、そうなったのではないという。セベールは、グランプリを去る偉大な先輩に対して気を遣っていたのである。世界のF1ファンは翌年に向けて、フィッティパルディやペテルソンやセベールの'70年デビュー・トリオによるチャンピオン争いを期待することができた。
 ところが、予選も残り5分となったところで惨劇が起きた。セベールの乗ったマシンが、逆さまになってガードレールに突っ込み、ドライバーの身体を滅茶苦茶に引き裂いた。事故現場は凄惨で、ピットに戻ってきたドライバーたちは、一様に顔面蒼白になってマシンを降りた。ティレルは決勝の出場を辞退した。拮抗していたコンストラクターズ選手権は戦うことなく決着がついてしまった。

 ■ シーズン後
 ロータスは7勝してコンストラクターズタイトルを守った。ドライバーとコンストラクターでタイトルが異なるのは、'58年の選手権初年度以来のことである。
 エンジンで見ると、フォードDFVエンジンの全勝という結果になった。1969年に続いて2度目。フェラーリやBRMの調子が悪いとこうなる。表彰台とFLも全てDFV勢が占め、PPを逃したのも初戦の1回だけであった。
 中東での紛争勃発による石油危機が世界の政治経済を襲った。モータースポーツ自粛の動きもいくつか見られたが、F1においては比較的、動揺は小さかったのではないだろうか。

 ■ サーキットを去るウィナーたち
ジャッキー・スチュワート Jackie Stewart
生年月日 1939年6月11日
国籍 イギリス
年次主なチーム順位優勝PPFL出走
1965BRM3110
1966BRM718
1967BRM911
1968マトラpvt23210
1969マトラpvt覇者62511
1970マーチpvt
ティレル
51413
1971ティレル覇者66311
1972ティレル242411
1973ティレル覇者53114
27171599


フランソワ・セベール François Cevert
生年月日 1944年2月25日
没年月日 1973年10月6日
国籍 フランス
年次主なチーム順位優勝PPFL出走
1970マーチpvt229
1971ティレル31111
1972ティレル612
1973ティレル4114
10246

前年へ / シーズン前へ  / シーズン中盤へ / 翌年へ




別ウインドウです。読み終わったら閉じてください。


inserted by FC2 system